dnvgl.jp

浮体式洋上風力発電:商業化の成功に向 けて

知見と確信の根拠
DNV GL Floating Offshore Wind illustration

DNVは、浮体式風力発電の設備容量が現在の100 MWから2050年には250 GWへと成長、一方で平準化発電コストの世界平均が40 EUR / MWhまでに低減すると予測しています。

新レポート 『浮体式洋上風力発電:商業化の成功に向けて』では、浮体式洋上風力発電の商業化を加速するための業界ロードマップと可能性に関して、DNVの専門的知見を提供します。本書では、洋上風力発電、石油・ガス業界、各サプライチェーン、投資家、そして社会全体のプレーヤーにとって浮体式洋上風力発電が提供する機会とステークホルダー間の協働のありかたを説明します。

浮体式風力市場に初期の段階から関与してきたDNVレポートは、今回、弊社専門家の知見と経験を反映して、以下のトピックを詳細に説明します。

  • エネルギー変革を牽引する浮体式風力
  • コスト低減の実現 
  • 主要市場の動向 
  • 投資家を安心させる措置
  • リスクを最小限に抑えるための技術規格の重要性 
  • 造船所による対費用効果の高い浮体式風車建設を実現するためのソリューション
  • 浮体式風力技術の複雑性に対応するためのデジタル革新の必要性
  • 石油・ガスプロジェクトからの知識移転
Floating Offshore Wind: the power to commercialize report cover

浮体式洋上風力発電:商業化の成功に向けて

以下のアンケートにご回答の上、本レポートをダウンロードしてください。

(optional)