dnv.jp

Maros and Taro

石油・ガスの上流/下流産業部門 施設運用の解析+予測管理ソフトウェア

DNVでは、上流/下流産業部門特有の問題や課題解決をサポートするソフトウェアをご提供しております。

デモンストレーションのご請求はこちら

ご連絡先をご入力いただき、お申し込みください。

特に、石油・ガス上流産業部門の信頼性、可用性、保守性を解析するために特別に開発された、高度なRAM解析ソフトウェアツール 「Maros」 と、下流産業部門の複雑なプロセスプラントシステムを分析し、正確な性能予測を実現する 「Taro」 という、各セクターに特化しています。

Maros & Taroがあれば、施設全体の健全性や稼働率を維持しながら、施設のライフサイクルのみならず、サプライチェーン全体の相互依存性を正しく管理することが可能になります。

Maros

石油・ガス上流部門に特化した強力なRAM解析ツール

Sesam - Offshore structure - yellow_1000x500

収益性の高い運転、メンテナンス戦略を成功させるには、生産性係数を定量化し、完全に最適化する方法を明確に理解することが、必要かつ重要になります。

Marosは、ネットワークをモデル化するための機能を備えた、高度なRAMツールです。

ネットワーク、メンテナンス、オペレーションなどの需要があるシナリオをモデリングするための豊富な機能を備えており、ユーザーが正しい意思決定をし、その効果を最大化しサポートします。

システム上で、施設設計寿命までの性能や運用を予測することは、複雑な作業です。

また、生産能力の変化や状態の変化に伴い、設計期間中に運用工程が一定であることはとても難しいことです。同様に、新しいテクノロジーは、システムの効率を向上させる機会を提供します。

これに加えて、機器の構成やメンテナンスにおける、依存関係や制約の複雑な性質、更に大規模な石油・ガス上流部門システムでは、機器の構成やメンテナンスにおける、依存関係や制約が複雑に絡み合っています。

設計を成功させ、効率的な操作手順を見出すことの難しさは明らかとなっています。

Marosは、シミュレーション技術を用いて、施設の性能や運用を予測します。

イベント・ドリブンアルゴリズムを用いて 対象となるシステムのライフサイクルシナリオの信頼性、保守性、運用方針を考慮して作成します。

シミュレータには、特別に設計されたアルゴリズムが組み込まれているので、各事象への影響を詳細に分析する事ができます。

パフォーマンスの結果と設計や物流の特定のパラメータを変更したときに、どう反応するかを調べることで、システムを制約条件の中で最適化することができます。

例えば、製品比率、輸出オペレーションの制約などの主要なパラメータを考慮することで、正確な生産効率の推定値を決定することができます。

シミュレーションパッケージは、システム運用に影響を与えうる、全ての関連パラメーターを捉えることができる機能を備えています。

RAM解析とは

RAM解析とは、プラントや施設の性能を予測するために用いられる、定量的なモデリング手法です。

RAM解析の目的は、施設寿命の生涯にわたるサポートに必要な、ガイダンスと情報提供であり、プラントや施設の設計と運用に関連する適切な意思決定をサポートすることです。

Maros and Taro - Performance forecasting

RAM解析によるメリット

  • システムのパフォーマンスを定量化
  • ダウンタイムを最小限に抑え、プラント施設とタンクの使用率を最大化
  • 生産リスクと確率の概念をプロジェクトの意思決定プロセスに完全統合
  • プラント・施設の性能に影響を与えるすべての要素(信頼性・信頼性以外も)を組み込む
  • パラメーターの変更が簡単なので、アセット構成の最適化が可能

Taro

石油・ガス下流部門プラントを最適化へ導くソフトウェアソリューション

 Maros and Taro_1000x500

Taroは、石油・ガス下流産業部門に特化した、システムソフトウェアソリューションであり、プロセスプラントシステム施設の設計、運用、メンテナンスを定量的なパフォーマンス分析に基づきながら、最適決定を行うことができます。

質量バランス、設計構成、信頼性データ等のプラント施設データをデジタルツインに統合することで、製油所の設計、または石油化学のプロセスをより正確に表現し、正確なパフォーマンス予測を実現するこが可能になります。

また、ローネットワーク、メンテナス戦略、石油・ガス上流部門特有のオペレーション、輸送ロジスティクスと貯蔵タンクなどをモデル化するための 豊富な機能を備えています。

Taroでは、施設のみの性能を評価することができ、または、石油化学製油所、石油化学コンプレックス、石油・ガス配送ネットワーク、ユーティリティー・プラント、製品輸送(海運、鉄道、道路、パイプライン)やタンクファーム等の、サプライチェーン全体の相互依存性を評価することもできます。

そして、システムの性能に与える影響を分析する、特別なアルゴリズムが組み込まれていることで、

パフォーマンスの結果と設計や、ロジスティックスの特定のパラメータを変更した際の反応調査が可能になり、 与えられた制約条件の中でシステムを最適化することができます。

Taroのシミュレーションパッケージを使用することで、プラントの性能に影響を与える全ての相互関連パラメータを把握することができます。

Maros+Taro 

石油・ガス産業の上流部門~下流部門までの施設、アセットの管理を簡単に最適化できます

Maros and Taro - Upstream, midstream, downstream


詳細に関するお問い合わせ、またはご質問やご不明点等はお気軽に下記宛先までお寄せください。

多くの方のお問い合わせを心からお待ち申し上げております。

【ご依頼・お問い合わせはこちら】

Tel:045-680-2838 / Email:digital.japan@dnv.com