dnvgl.jp

化学物質輸送の安全性とリスク分析ソフトウェア - Safeti化学物質輸送リスク分析

Safeti software for chemical transport

Contact us:

製品の詳細情報のご依頼はこちら

情報提供依頼

お見積りのご依頼はこちら

見積依頼

定量的リスク分析を使用してリスクの高い領域を迅速に特定しリスク全体像を提供

有害化学物質の輸送

有害化学物質の輸送には多くのリスクが伴います。最大のリスクはどこにあるのでしょうか。化学物質輸送の安全リスクの問題は次のとおりです。

  • 危険性の高い輸送物質、すなわち可燃性または毒性のある物質
  • 複雑な大量のデータ
  • 化学物質の輸送には人口密集地域が関与する可能性があり、事故が発生した場合には人々を過度のリスクにさらす可能性がある
  • 関係するルートは多くの場合、制御されていない環境にあり、封じ込めの損失(LOC)につながる可能性のある外部の脅威(サードパーティーの事故等)にさらされている

従って、危険化学物質を輸送するためのさまざまなオプション(鉄道対道路対パイプライン)を評価して、安全性、経済性、操作性等の競合する目的に関し、最適なものを見つけることが重要です。化学物質輸送リスクの例は次の通りです。

  • 危険化学物質の最適な輸送経路の確認(例:一時経路や二次経路)
  • 人口密集地域の回避
  • パイプラインの厚さや速度制限の増加等、特定の緩和が必要な経路に沿った領域の識別

化学物質輸送安全分析ソフトウェア

定量的リスク分析(QRA)の文脈において、化学物質輸送リスク分析のための総合的な問題解決を提供します。広範囲な機能は次の通りです。

  • トラック、鉄道、はしけ、パイプライン等、さまざまな化学物質の輸送方法
  • 複数の経路と危険化学物質の放出タイプ(漏れ、破裂等)の定義が可能
  • ルート上の定義済みの場所、または等間隔の距離で10 mごとに自動的に評価されるリリース
  • 化学物質輸送安全モデルは、経路に沿って変化するその他の要因(人口密度、天候等)も定義して考慮が可能  

化学物質輸送のリスク軽減をサポート 

Safetiには、パイプラインに関連する化学物質輸送リスクを評価するための専用モデルを含んでおり、これはパイプラインの定量的リスク評価を行う際に特に有効です。このモデルは、危険物の放出シナリオを決定する際にプロセス条件の変化の影響を考慮し、遮断弁と検出システムのような緩和システムも考慮することができます。

Contact us:

製品の詳細情報のご依頼はこちら

情報提供依頼

お見積りのご依頼はこちら

見積依頼

当社のソフトウェアで、なにかサポートできることはございませんか?

お問い合わせ

ご興味に沿った関連サービス: