dnv.jp

北海道電力のグリーンボンド・フレームワーク評価を実施

SUS

DNVは、北海道電力のグリーンボンド・フレームワークに対し、セカンド・パーティ・オピニオンを発行しました。

Hokkaido Electric Power_logo
DNVGL_logo_300px

北海道電力株式会社(以下「北海道電力」)は北海道に根差す企業として、責任あるエネルギー供給の担い手としての役割を全うすることで、北海道の経済や人々の暮らしを支えております。 また、脱炭素化や技術の進展、高齢化・人口減、お客さまの価値観の変化など社会構造の変容が進んでいる中で、2030 年におけるほくでんグループの目指す姿として、2020 年4 月、「ほくでんグループ経営ビジョン2030」を取りまとめました。この経営ビジョンでは、2030 年度までに目指す環境目標として「CO2 排出量を2013 年度比で50%以上低減(△1,000 万t 以上/年)」を掲げ、現在、その達成に向けた取り組みを進めています。

この度、この目標の具現化施策の一つとして、北海道電力はグリーンボンドを発行します。DNVは外部レビュー機関として、北海道電力が確立したグリーンボンド・フレームワークの適格性を評価しました。その中には、グリーンボンドで調達した資金は、再生可能エネルギーの開発、建設、運営、改修に関する事業を対象とした支出に充当する計画とし、水力発電事業、太陽光発電事業および地熱発電事業を対象グリーンプロジェクトとしております。

DNV は、北海道電力から提供された情報と実施された業務に基づき、北海道電力がグリーンボンド適格性評価手順の要求事項を満たしており、グリーンボンド原則(ICMA/2021)やグリーンボンドガイドライン(環境省/2020年)の「環境への利益を伴う新規プロジェクトもしくは既存プロジェクトへの資本調達及び投資を可能にする」というグリーンボンドの定義・目的と一致していることを意見表明しております。

DNVは環境エネルギーに対する高い技術的な知見と豊富な経験を踏まえ、今後も様々なグリーンファイナンスの第三者レビュー機関として社会的責任を果たしてまいります。 


ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnv.comまで
お気軽にお問い合わせください。


■DNV について
DNV は、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。