dnvgl.jp

東京電力リニューアブルパワー様のグリーンボンド・フレームワーク適格性の評価実施

dnvgl_logo

DNVは東京電力リニューアブルパワー様のグリーンボンド・フレームワークに対し、その適格性を評価したセカンドパーティオピニオンを発行しました。

TEPCO
DNVGL_logo_300px

東京電⼒リニューアブルパワー株式会社(以下、東京電⼒リニューアブルパワー様)は、東京電⼒ホールディングス株式会社の再生可能エネルギー発電事業を承継し、2020 年 4 ⽉より事業を開始しました。

東京電力リニューアブルパワー様は、現在、水力・風力・太陽光で合わせて国内最大級となる約1000万kWの発電設備容量を有し、東京電力グループの環境への取組として、「カーボンニュートラルの実現」、「環境負荷の低減」、「生物多様性の保全」および「エンゲージメントの強化」を掲げています。また、東京電力グループは、具体的なCO2排出量の削減目標 (販売電力由来のCO2排出量を2030年度に50%削減(2013年度比)、2050年にエネルギー供給由来のCO2排出実質ゼロ)を表明しており、その中で、東京電力リニューアブルパワー様は、東京電力グループにおける再生可能エネルギーの主力電源化を推進しています。

DNVは、東京電力リニューアブルパワー様のグリーンボンド・フレームワークに掲げた、水力・風力(陸上・洋上)・太陽光・地熱の代表プロジェクトについて関連文書、情報の参照や各関係者のインタビューを通じて、グリーンボンド原則、グリーンボンドガイドライン及び、適用可能な範囲でCBS技術クライテリアの参照を行い、フレームワーク全体の適格性を評価しました。

日本を代表する電力会社のグリーンボンド発行は、今後国内外のステークホルダーから注目が集まり、電力のみならずインフラ産業全体に対し、グリーンボンドの発行に波及されることが期待されます。

DNVは環境エネルギーに対する高い技術的な知見と豊富な経験を踏まえ、今後もグリーンボンドの第三者レビュー機関として社会的責任を果たしてまいります。  










ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnv.comまで
お気軽にお問い合わせください。


■DNV について
DNV は、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。