dnvgl.jp

SOTIF (ISO 21448(DIS)) セミナー開催

sands

『SOTIF (ISO 21448(DIS)) セミナー』をオンライン無料で開催致します。

teams live

実施概要

 2011年の第1版発行から多くのOEMやサプライヤが機能安全規格への対応を してきました。今後、自動運転などの新しい技術や仕組みづくりなどの対応が 急速に求められる中、SOTIF(意図した機能の安全性)すなわち車両システムの 性能限界や運転者等によるミスユースにおける対応についてISO 21448(DIS)が 2021年1月に発行され、今後の議論を注視する必要があります。

また、その 規格内では、旧来の安全分析手法(FMEA/FTA/HAZOP等)だけではなく、 STAMP/STPAという安全分析手法が推奨されております。STAMP/STPAは 10年ほど前に提唱されており、セーフティクリティカルな分野では活用が 始まっております。

本イベントでは、ISO 21448(DIS)の規格概要や STAMP/STPAについて、ご紹介を致します。

    

日時

2021年6月18日(金) 13:00 ~ 15:30


開催方法

ライブ配信
※ Microsoft Teamsを利用したオンラインセミナーとなります。


プログラム

1.「自動車産業界の動向と安全性への取り組み」
 DNV/機能安全部 エキスパート 今井 美紗子

2.「STAMP/STPA:システム理論にもとづくアクシデントのモデルとプロセスSTAMPおよびそのプロセス分析法STPA」
 長崎県立大学 情報システム学部 情報セキュリティ学科 日下部 茂 教授

3.「自動車SOTIF規格案の概要 ~ ISO/DIS 21448から見えてくること ~」
 DNV/機能安全部 テクニカル・アドバイザー 宮崎 義弘




参加申し込みURL:

https://webmagazine.dnv.co.jp/sotif_sem_y2021_spring.html





ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または japan.info@dnv.comまで
お気軽にお問い合わせください。






■DNV について

DNV は、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。