Skip to content

CO2排出量削減アルミ缶に対する検証および妥当性確認について

DNVは、サントリーグループとバリューチェーンパートナー企業のCO2排出量削減の取り組みに連携して、グリーンアルミ価値をマスバランス方式により割り当てたアルミ缶に対して検証と妥当性確認を実施しました。

 

 

サントリー株式会社は、「ザ・プレミアム・モルツ(サステナブルアルミ)」を2024年1月30日(火)から全国で数量限定発売することを発表しました。本製品は、アルミ缶製造バリューチェーンにおけるCO2排出量の削減を目的として、住友商事株式会社、住商メタレックス株式会社、株式会社神戸製鋼所、大和製罐株式会社、そしてサントリーグループの5社共同の企画・製造の取り組みとしてアナウンスされています。バリューチェーンを構成する各社のニュースリリースは以下のとおりです。

 

https://www.suntory.co.jp/news/article/14522.html

https://www.metalex.co.jp/news/assets/files/20240111.pdf

https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/topics/2024/group/20240111

https://www.kobelco.co.jp/releases/1214347_15541.html

https://www.daiwa-can.co.jp/news/240111.html

 

DNVは今回、本製品が数量限定発売されるにあたって、グリーンアルミをマスバランス方式により割り当てたアルミ缶を対象に、グリーンアルミ地金の購入、海上・国内の輸送、アルミ板の製造、およびアルミ缶の製造にいたるまでの特定されたバリューチェーンを構成する各社に対して、第三者の公平かつ中立的な立場からスキームを検証しその妥当性を確認いたしました。

 

このように、バリューチェーン全体にわたるCO2排出量の削減が第三者により確認されることは、非常に先進的な取り組みと言えます。

 

DNVは、業界を越えた連携について可能性を模索し、脱炭素社会・循環型社会の実現に向けて取り組みを進める企業を支援する重要なパートナーとして、これからもお客様とともに歩んでまいります。

 

ご質問・お問い合わせは
神戸事務所(本部)【受付時間 土日祝を除く9:00-17:00】
078-291-1321 または ssj@dnv.com まで
お気軽にお問い合わせください。


■DNVについて

DNV は、150年間続くあらゆるリスクマネジメントに関する様々な活動を行う先駆的国際機関として、世界100ヶ国以上、300の事務所、85もの様々な国籍を持つ16,000人のスタッフが認証、アセスメント、船級等々の分野でサービスを提供しています。積極的に研究開発へと継続的に投資しているため、従業員は高度な専門性と資格を有する集団としてサービスを提供することが可能となっています。