Skip to content

Plant 整合性管理 メンテナス ソフトウェア - Synergi Plant

安全で接続可能な運用への投資をサポート

プラント整合性管理およびメンテナスソフトウェアソリューション

プラントの整合性管理により、設備・施設のライフサイクル全体を通して整合性を確保するために必要なビジネスプロセス、システム、ツール、能力、およびリソースが確保されます。コストとリスクを管理するために、設計、運用、技術的な整合性をすべて効果的に管理する必要があり、プロセス plant の安全性に重点が置かれるにつれて、規制の強化と安全意識の向上には、整合性管理の為のより良いソリューションが必要となります。オペレーターは、完全なコンプライアンスに加えて、日々のニーズに対応し、現実的な問題を克服できる実用的システムを求めています。Synergi Plant は、設備・施設の整合性管理ソリューション (AIM) であり、リスクを定量的または質的に管理するための計画性チェックアクトアプローチを提供します。

設備・施設の整合性に関する取り組みをはじめよう

Synergi Plant 標準パッケージは、所有者とオペレーターが設備・施設の整合性を確保するために開発されました。このパッケージには、リスク基準の分析ツール (RBI onshore - RBI Software) でサポートされる包括的な検査データ管理システム機能を提供する為の標準的な設計とフレームワークが付属しています。これらは、基本的な整合性ニーズを反映、所有コストを削減するシンプルなソリューションとなります。

RBIソフトウェア(リスク基準検査)

API580とAPI581に基づいて最適化されたリスク基準の検査手法により プラントの安全性向上とコスト削減をサポート。RBIソフトウェア Synergi Plantの各モジュールは、高リスク領域にリソースを集中することにより、検査戦略を最適化し、安全性改善、潜在的コスト削減を実現します。RBIソフトウェアは、広く普及しているリスク基準の検査手法に基づくソフトです。RBIソフトウェアSynergi Plantには、RBI Onshore, RBI Power Plant, RBI AST, RBI Bespoleなどいくつかの種類があります。

RBIソフトウェア(リスク基準検査)の特徴

  • 定性的・判定量的・定量的なRBI手法に対応
  • RBIソフトウェア標準モジュールは API581 およびDNV-RP-G101の手法に対応
  • カスタムメイドのRBIソフトウェアモジュールを使うと 重大性リスクの内容、不具合とその性質を特定し、さらに不具合確率(POF)・不具合のもたらす結果(COF)・リスク・検査計画を導き出す際のルールと公式を設定することが可能
  • 標準リスクマトリックスとユーザー専用リスクマトリックス
  • RBI専用ダイナミックダッシュボード
  • 検査予算の評価とその妥当性の確認、検査目標の設定が可能
  • 利用できるデータが増えるにつれ、高いレベルから訂正分析をはじめ、詳細な結果を得ることが可能
  • 定量的モジュールの利用で、不具合のもたらす結果、不具合確率、財務リスク、コストパフォーマンス、最適コストを詳細に計算可能
  • RBIソフトウェアの全モジュールは多言語対応 


API580および581のRBI手法

陸上精製・石油化学・ガス処理の分野の安全上重要な装置へのRBI(リスク基準検査)のテクノロジーには、定性的、定量的なRBI手法が用いられています。API 580はRBIプログラムを開発するためのガイドラインを提示するのに対し、API 581はリスク基準の検査プログラムを確立するためのRBI手法を提供します。Synergi PlantのRBI(リスク基準検査)モジュールは、API580 とAPIA581の双方を使用しています。


企業のニーズに応じたスケーラブルなソリューション

この標準パッケージは、信頼性中心のメンテナンス (RCM)、パフォーマンス予測 (RAM 分析)、安全整合性レベル (Bespoke RBI,Safety Integrity Level (SIL)) 等、組織のニーズに合わせて拡張できる柔軟性を備えています。これらのモジュールは、設備・施設の整合性を維持し、劣化による格納容器の喪失に伴うリスクを最小限に抑え、資産の信頼性と可能性を向上させるためのものです。DNVの AIM 製品には RAM 分析ソフトウェア用の Maros and Taro も含まれています。

プラント整合性管理のための Synergi Plant ソフトウェアは、業界標準および推奨プラクティスに従っています。例えば、API 581 3rd edition または DNV-RP-G101(RBI)、 ISO 14224(RCM)、IEC 61508 および IEC 61511(SIL)、ASME と API エンジニアリング式、 ISO 55000 等です。

著者について: Simon Wong は DNV Plant Integrity and Reliability Solutions (Synergi Plant, Maros and Taro) のプロダクトマネージャーです。DNVでの以前の職務では、技術安全コンサルタントとして働き、DNV独自のソフトウェアである Maros and Taro を使用した信頼性、可用性、保守性 (RAM) 分析による Plant のパフォーマンス予測を含む、定量的または質的な安全性調査のサービスを提供していました。

詳細情報

  Webinar ビデオ

Webinar ビデオ

ビデオ視聴

  Synergi Plant カタログ

Synergi Plant カタログ

PDFのダウンロード

  Synergi Plant フライヤー

Synergi Plant フライヤー

PDFのダウンロード

 

お客様ログイン

ダウンロード、リリースノート、FAQへのアクセス

 

ソフトウェア イベント

イベントやセミナーに申し込む

 

顧客事例

業界のリーダーが私たちのソフトウェアを選ぶ理由

 

トレーニング

概要と登録

ご相談・お問合せは以下フォームより受付ております

お問い合わせ