Power and renewables

Synergi Life ウェビナー

A Journey To The Smart And Sustainable City

Synergi Life (総合HSE管理システム)・ESG(環境、社会、ガバナンス)ソリューション・電子作業許可(e-PTW)について

HSE(衛生、安全、環境)や/ESG(環境、社会、ガバナンス)に対する取り組みは、複雑で時間がかかる一方、そのパフォーマンスは、投資家、株主、資本提供者にとって、企業を評価する重要な基準となりつつあります。HSEを一体的に統合して管理、運用することや、ESG戦略を企業のビジネスに取り入れ、ESGパフォーマンスのモニタリングや測定をすることは、企業の中長期的な成長や、長期運用によるリスク損失を抑えられる大きなメリットがあります。しかし、企業はその影響を開示し、HSEやESGのさらなる取り組みが求められているのが現状です。

また、社会的には、安全、衛生面を中心に厳しい規制があり、アセットの健全性/リスク管理、安全プロトコル、安全コンプライアンスなどの透明性についての問題を解決するため、業務効率や安全性とリスク管理がさらに困難になっています。

HSE管理やESGの取り組みはどのように行えば良いのでしょうか。またその管理に必要なデジタル化はいかにして行うべきでしょうか。
DNVの専門スタッフがさまざまな観点からHSE総合管理やESGソリューションとそのデジタル管理についての見解や課題をお伝えします。

ウェビナーについて

本ウェビナーでは、Synergi Life (総合HSE管理システム)やESG(環境、社会、ガバナンス)ソリューション、効果的かつ効率的なHSE管理運営に不可欠な電子作業許可システム(作業許可 e-PTW)の専門家が総合HSE管理に関する見解、ESG管理における共通の課題とその提言、さらに環境主要業績指標をよりよく把握するためにESGプロセスをデジタル化する方法等、各分野の最新および今後の展開についてご紹介します。

アジェンダ :

  • 電子作業許可(e-Permito to Work). 現場のリスクマネジメントを支援する総合的な電子作業許可システム、DNVのe-Permit To Workについて
  • 検査データ管理システム(Inspection Data Management System). 各検査工程で義務付けられている様々な仕様の文書を完全デジタル化し、データの安全性を確保しながら効率的に管理する方法について
  • ESG(環境、社会、ガバナンス)ソリューション. 環境、社会、ガバナンス(ESG)に対する意欲を戦略的に高める測定可能なサステナビリティへの旅 

登壇者

  • Gisle Bråstein,   DNV  AS Head of Section – Product Management and Strategy, QHSE and Enterprise Risk  16年以上にわたる、石油・ガス、一般産業、運輸セクターの大手企業とのオペレーショナルリスク、QHSE、プロセス安全管理領域におけるパフォーマンス、改善管理に関するソリューション開発経験を持つ。

  • Amy Kim,  DNV AS  Business Development Manager of Japan  ステムのデジタル化とSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションにおいて、戦略的ビジネスプランニングとサービス開発を含む7年以上の経験を有する。主に、効率性、データセキュリティ、高度な分析力、洞察力をお客様に提供することに注力している。近年は、主に石油・ガス、石油化学、再生可能エネルギー業界を中心に活動。

  • Jong Kwan Lee,  DNV AS Solution Consultant , QHSE and Enterprise Risk  石油・ガス、金融セクターの大手企業で17年以上の経験を有し、日本企業では15年の経験を持つ。 モバイル、フルスタック技術、ビッグデータなどの最新技術を用いたQHSE製品およびパフォーマンスチューニングが専門。

  • Jiyoung Kim, Product Manager, Concepts and Architecture design  産業用デジタルソリューション専門。腐食検査ソフトウェアの開発、製品の一般的なコンセプトとアーキテクチャの設計を担当。

Register

 

お申込み

Where:

Webinar

Delegates Fee:

参加費無料

HSE(衛生、安全、環境)や/ESG(環境、社会、ガバナンス)に対する取り組みは、複雑で時間がかかる一方、そのパフォーマンスは、投資家、株主、資本提供者にとって、企業を評価する重要な基準となりつつあります。HSEを一体的に統合して管理、運用することや、ESG戦略を企業のビジネスに取り入れ、ESGパフォーマンスのモニタリングや測定をすることは、企業の中長期的な成長や、長期運用によるリスク損失を抑えられる大きなメリットがあります。しかし、企業はその影響を開示し、HSEやESGのさらなる取り組みが求められているのが現状です。

また、社会的には、安全、衛生面を中心に厳しい規制があり、アセットの健全性/リスク管理、安全プロトコル、安全コンプライアンスなどの透明性についての問題を解決するため、業務効率や安全性とリスク管理がさらに困難になっています。

HSE管理やESGの取り組みはどのように行えば良いのでしょうか。またその管理に必要なデジタル化はいかにして行うべきでしょうか。
DNVの専門スタッフがさまざまな観点からHSE総合管理やESGソリューションとそのデジタル管理についての見解や課題をお伝えします。

ウェビナーについて

本ウェビナーでは、Synergi Life (総合HSE管理システム)やESG(環境、社会、ガバナンス)ソリューション、効果的かつ効率的なHSE管理運営に不可欠な電子作業許可システム(作業許可 e-PTW)の専門家が総合HSE管理に関する見解、ESG管理における共通の課題とその提言、さらに環境主要業績指標をよりよく把握するためにESGプロセスをデジタル化する方法等、各分野の最新および今後の展開についてご紹介します。

アジェンダ :

  • 電子作業許可(e-Permito to Work). 現場のリスクマネジメントを支援する総合的な電子作業許可システム、DNVのe-Permit To Workについて
  • 検査データ管理システム(Inspection Data Management System). 各検査工程で義務付けられている様々な仕様の文書を完全デジタル化し、データの安全性を確保しながら効率的に管理する方法について
  • ESG(環境、社会、ガバナンス)ソリューション. 環境、社会、ガバナンス(ESG)に対する意欲を戦略的に高める測定可能なサステナビリティへの旅 

登壇者

  • Gisle Bråstein,   DNV  AS Head of Section – Product Management and Strategy, QHSE and Enterprise Risk  16年以上にわたる、石油・ガス、一般産業、運輸セクターの大手企業とのオペレーショナルリスク、QHSE、プロセス安全管理領域におけるパフォーマンス、改善管理に関するソリューション開発経験を持つ。

  • Amy Kim,  DNV AS  Business Development Manager of Japan  ステムのデジタル化とSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションにおいて、戦略的ビジネスプランニングとサービス開発を含む7年以上の経験を有する。主に、効率性、データセキュリティ、高度な分析力、洞察力をお客様に提供することに注力している。近年は、主に石油・ガス、石油化学、再生可能エネルギー業界を中心に活動。

  • Jong Kwan Lee,  DNV AS Solution Consultant , QHSE and Enterprise Risk  石油・ガス、金融セクターの大手企業で17年以上の経験を有し、日本企業では15年の経験を持つ。 モバイル、フルスタック技術、ビッグデータなどの最新技術を用いたQHSE製品およびパフォーマンスチューニングが専門。

  • Jiyoung Kim, Product Manager, Concepts and Architecture design  産業用デジタルソリューション専門。腐食検査ソフトウェアの開発、製品の一般的なコンセプトとアーキテクチャの設計を担当。

Synergi Life ウェビナー

ご登録はこちらから