江蘇省特殊検査機関 (Jiangsu Special Inspection Institute)

江蘇省特殊検査機関 (Jiangsu Special Inspection Institute) は、Synergi Plant RBIを活用し検査コストを節約することで操業停止のリスクを低減し経済的利益を実感しています

お問い合わせ

製品の詳細情報のご依頼はこちら

情報提供依頼

お見積りのご依頼はこちら

見積依頼

RBI テクノロジー

リスク基準検査 (RBI) テクノロジーは、石油化学業界で広く採用されているリスク評価および最適化に関する検査手法であり、システムの安全性と効率性の双方に配慮した手法です。10年以上前に、中国の化学産業がRBIテクノロジーの採用し始めてから、不必要な検査を行うことなく生産が最大化された一方で、機器の安全性が高い水準で確保されると同時に、不必要な操業停止のリスクが低減されました。そして、検査に割かれるコストは、リスクの高い設備へと割り当てられるようになりました。

中国の特殊検査機関とHefei GMは、過去10年間にわたり、中国国内の化学企業へのRBIテクノロジーの応用において主導的役割を果たしてきました。江蘇省特殊検査機関は、2006年からSynergi Plant RBIの利用を開始し、機器検査ならびに関連技術研究を専門とする中国最大の特殊検査機関になりました。同機関は、科学研究、検査および技術サービス、持続可能な開発能力を統合する大規模な検査・研究グループです。

RBI(リスク基準検査)で不必要な検査を削減

同機関は、各種ボイラー、大型圧力容器(球形貯蔵タンクを含む)、鉄道タンク車、医療用酸素タンク、加圧パイプライン(長距離パイプライン、公共パイプライン、工業用パイプライン)、安全弁、その他機器類の定期検査および評価サービスを提供しています。リスク基準検査の手法を採用する以前は、設備・機器の検査時に次のような問題がよく発生していました:

  1. 現場で設備機器を開ける必要性
  2. 点検は夏の暑い時期に行われることが多く、作業環境が厳しい
  3. 点検に時間がかかる

往々にして、設備の状態が良いと断定され、点検対象外となり、非効率でコスト高になっているケースが非常に多いのです。

江蘇省特殊検査機関のシニアエンジニアである葛志強氏は、「RBIソフトウェアを使用することで、設備やアセットのリスク評価を行うことができます」と語ります。「リスクの高い設備については、必要な全数検査を行い、設備を開けますが、リスクの低い設備については、その必要はありません。これにより、検査効率が向上し、生産ロスを回避することができるのです」

「"Synergi Plant RBI "のソフトウェアは、各損害メカニズムに対する詳細な計算プロセスを備えており、国内規格とうまく融合しています。計算結果は実際の試験と整合性が取れています。また、ユーザーインターフェースも直感的で操作しやすいです」と同氏は語ります。

Synergi Plant RBIでリスク計算効率を向上

江蘇省特殊検査機関では、現在 15~20 名の RBI 専門家チームが Synergi Plant RBI ソフトウェアを使用しています。このソフトウェアを使用する前に、リスク評価は関連する国家標準に従って手動で行われていました。これは、情報を項目ごとにチェックする為、時間がかかり、エラーが発生しやすいプロセスでした。Synergi Plant RBI では、データ入力後、ワンクリックで計算が完了します。エンジニアの時間を解析と最適化に集中させ、計算効率を大幅に向上させることができました。

Synergi Plant RBI ソフトウェア は、エンジニアリングにおけるニーズを満たす目的で、API580/581規格に従ってエンジニアの手で開発されています。この開発は、石油、ガス、化学業界におけるDNVの数十年にわたる認証コンサルティング経験に基づいています。そのモデルの高い信頼性と精度は、装置産業における多数の主要企業による広範なエンジニアリングの実践で実証されています。

「DNVと江蘇省特殊検査機関との協力は2006年に始まりました。10年あまりの進展を経て、双方は戦略的かつ協力的な深い関係を確立しました。JSSEIは、Synergi Plant RBIソフトウェアの中国最大級の顧客になりました」:DNVデジタルソリューションズ・グレーターチャイナ ゼネラルマネージャーHuang Hao氏

 ソフトウェアは、API 580/581 の規格に従ってエンジニアが開発し、エンジニ アリングのニーズに応えます。この開発は、DNVの数十年にわたる石油・ガスおよび化学産業における認証コンサルティングの経験に基づいています。その信頼性の高い正確なモデルは、プロセス産業における多くの大手企業の広範なエンジニアリング実務の中で検証されています。


国際・国内規格

Synergi Plant RBIソフトウェアの採用により、API 580、API 581、EEMUA 159、DNVGL-RP-G101といった国際規格および国内セキュリティー規格のリスク評価方法ならびに管理システムに基づく、資産保全管理の概念や成熟したRBIの手法が中国企業に導入されました。

DNVのテクニカルチームは、業界の専門知識とソフトウェアの知識をもとに、ユーザーに効果的なサポートを提供するとともに、ソフトウェア最新バージョンの使用におけるベストプラクティスも伝達しています。「よく理解されていない損傷メカニズムの計算の一部に関しては、DNVのテクニカルサポートエンジニアが、サポートとして関連する手順を迅速に説明・提供することができます。それが、効果的な問題解決という結果につながります」とGe Zhigiang氏は述べています。

DNVの新しいバージョンのSynergi Plant RBIには、オープン統合インターフェース、ウェブバージョン、クラウドバージョンが含まれます。この最新バージョンは、DNVの設備保全管理ソリューションであるSynergi Plantと完全に統合されており、最新のインターフェースとワークフローを備えた完全統合ウェブソリューションを提供します。また、他の関連するソフトウェアシステムと統合して、データ共有をはじめとする、検査ユニットと所有者間のより効率的な分業および協力に関するサポートを提供します。RBIの運用は、後続の検査計画に拡張できるほか、リスクとパフォーマンスの記録やファイリング、さらには継続的な管理も可能です。RBIは、検査タスクの完了に限定されるものではなく、企業によるより安全なオペレーションの実現に役立ちます。

江蘇省特殊検査機関について

江蘇省特殊検査機関は、特殊検査業界における新技術の応用と開発に注力しています。現在、1,847名の従業員が在籍し、その中には博士課程の学生6名、修士課程の学生87名、上級検査員14名、検査員580名、上級専門職275名、非破壊検査有資格者1,000名超が含まれます。江蘇省特殊検査機関は、2010年に中国のリスク基準検査 (RBI) の資格を国家質量監督検験検疫総局から取得しています。

PROFILE

  • お客様企業名: 特殊機器安全監視検査機関
  • ウェブサイト: jstzsb.com
  • マーケットエリア:特殊機器検査、安全監視、技術訓練など
  • 従業員数: 1847
  • 使用ソフトウェア: Synergi Plant RBI

概要説明

DNVを選んだ理由 :

  • Synergi Plant RBIには、実際の検査結果と一致する、各損傷メカニズムの詳細な計算プロセスが存在する
  • DNVとの協力関係はシンプルかつ容易で信頼できる
  • DNVのテクニカルサポートは迅速に対応し、損傷メカニズムを詳細に説明し、問題を解決するための関連アルゴリズムを提供することができる
  • Synergi Plant RBIは、江蘇省特殊検査機関の運用指示および関連する国内規格に準拠している
  • シンプルで使いやすいインターフェース

お問い合わせ

製品の詳細情報のご依頼はこちら

情報提供依頼

お見積りのご依頼はこちら

見積依頼